« Birthday来たりなば 春遠からじ | Main | つぶやきagain »

2012.02.27

冬の咳ばらい


*

雪の降る街を
雪の降る街を


20120212_210109


思い出だけが通り過ぎてゆく
雪の降る街を


20120214_135102_2


遠い国から落ちて来る
この想い出をこの想い出を

20120214_135121

いつの日かつつまん
温かき幸せのほほえみ


Img_0031_2


極寒キッチンで食事の支度をしていたら
ラジオから手嶌葵の歌う『雪の降る街を』が流れて来た。

にしてもなんて寒さが匂って来る歌なんだろう。
重たいイントロから後半メジャーに転調はするものの
徹頭徹尾くらーい曲。刹那に鬱になりそうだ。


この曲が書かれた当時は
今よりももっと冬が寒かっただろうし
街も道路もうす暗かったのだろう。
だからこんなトーンの歌が生まれた。
そういう事情もこの曲からは何となく伺い知れる。
歌とは少なからず人のココロをえぐるべきだ。

今はこんな曲を書ける人はいない。
こんな曲を書かされてしまうような場所は都市にはないから
心象風景を歌詞に反射させて匂いや温度まで感じさせて
くれるようなマチエールの深い「歌」は生まれない。


*


低温ならば当時の環境にも負けないほどの寒さの
我がハウスだが、雪が降るとこんな表情を見せる。
「寒い家はイヤ」の意見には異論はないけれど
雰囲気も情緒もない家はもっとイヤ。


今のプロダクトは家に限らずどれも
利便性やコストのことばかりで
人の感情に訴求するものを持っていない。

組み立て家具や100円雑貨やファストファッションは
確かに用途によってはそれで賄えるものもあろう。
が、囲まれて暮らすようなものじゃない。
「安かった」とニコニコしていれば
その人もそれなりの「程度」になってゆく。
そういうことも知っておいた方がいい。


昨日、春まであと少しですと天気予報。
冬の長逗留にヘキエキするような毎日だが
ここで迎える3回目の冬、この寒さにはもうすっかり慣れた。

昔は大嫌いだった冬が、最近は行ってしまうことにも
ちょっとだけ寂しさを憶えるようになったのは
平屋に住むようになったことと無縁ではないような気がしている。


*

|

« Birthday来たりなば 春遠からじ | Main | つぶやきagain »

Comments

始めまして、家具雑貨や内装などなど
作家としてやっておりますKiKiと申します。

読んでいて、深く共感しました!
すべてにおいて当てはまるのかもしれないですね。
そうなると自分というカラーもくすぶってくるような
気がしますね。

米軍ハウスの住み心地はいかがでしょうか?
以前より好きで拝見しておりました。
今年こそは引っ越したいのでありますが、
どう探せばよいべきなのか悩んでおります。
なっ、なにかアドバイスありましたら
よろしくお願いします。


では失礼いたします~

Posted by: KiKi | 2012.02.28 at 03:32 PM

■KiKiさん

ハウスはやはり基地周辺を探すということに尽きるでしょうね。
また、昔基地や関連施設があったところにも残っていたりします。
ハウスっぽい文化住宅を探すという方法も。
都下にいらっしゃれるのならば空き物件、結構ありますよ。

ハウスは一度住んだら普通の現代住宅には戻れませんね。
逆に「二度とイヤ」という人も居るようですが(笑)

Posted by: arata coolhand | 2012.02.29 at 03:06 PM

やはりそうなりますよね~!

都下の方空きあるんですか⁉
場所はあまり問わないので
どこでも行きます!
といった感じなのです!

やはり一度足を運んでみないと
ダメですね!!!

Posted by: KiKi | 2012.02.29 at 06:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20455/53983425

Listed below are links to weblogs that reference 冬の咳ばらい:

« Birthday来たりなば 春遠からじ | Main | つぶやきagain »