« 某女性からの依頼 | Main | タナトスの仕業 »

2008.10.27

人生のストキャスティクス

世界経済は実体経済金融経済
2層で構成されている。

後者は信用経済とも呼ばれており
数字や約束上のやり取りの中で
成立しているいわば二次元上の経済。

しかし時にコイツが実体経済に非情な悪さをするワケです。

で、1ドルが90円台に。
92年に渡米した時確かちょうど100円で、
その後円安が続き「あの時は随分と使いでがあったなあ」と
回想したのがe-bayを始めた6年ほど前。


ちょうど友人1名がN.Yにレコードの買い付け&DJを
しに行ってるようだが、実にタイムリーだったな。

ユーロも平行して下がっているようだから
燃油サーチャージなどバジェット面から海外旅行を
見送っていたような人は今かもしれないですな。


旅に出かけるならお供にはぜひトラベラーズノートを!
というわけで、先述のデザインフィル社広告第二弾、掲載開始です。
例によって和光大学広告に続くオール手描きなので、
結構目立つかと思います。

2008_10260036


余白の少ない広告は昨今の雑誌において定石となった見開き「記事→広告」or「広告→記事」というページネーションからすると組み合わせが難しいんだとか。

それだけに、対ページにどんな内容のものを各誌が持って来るのか、という点もまた楽しみのひとつでさあね(笑)今回は【英国編】で、自らの体験を基にして描いています。


下記のスケジュールで掲載されますので
書店にお寄りの際はゼヒチェックしてみてください~

●10/24  『GQ JAPAN』
●11/1  『BRUTUS』『Pen』
●11/10 『Coyote』
●11/15 『リアルデザイン』『BRUTUS TRIP』

2008_10260034

広告部分。これだけをリーフレットにし取扱店に
POPと共に並べるようです→

|

« 某女性からの依頼 | Main | タナトスの仕業 »

Comments

広告がみたくてハンズへ。残念ながら広告はまだなかったようですが、トラベラーズノート購入してしまいました。airplane

タイのチェンマイで作っているというのにもひかれました。自分でカスタマイズできるのも楽しそうです。早速月末のセドナへの旅へ連れて行こうと思ってます。up

Posted by: kazuko | 2008.11.02 at 08:31 PM

コメントありがとうございます~

同社HPをごらん頂けるとお分かりかと思いますが、商品企画者が植物でも育むかのように大切に育てているプロダクトなんですよねTノートって。僕もまだ海の外には連れて行っていないのでkazukoさんのノートはシヤワセモノですね(笑)たくさん書き込んで無事お帰りください。良い旅を~!

Posted by: a.coolhand | 2008.11.08 at 12:58 PM

文房具店でリーフレットを入手したのですが、見ているとなんだかワクワクしてくるので、いつもミニクリアホルダーに入れて携帯しています♪
手帳もメモ帳ももう買った後だったので、商品は手に取らないようにしてきたのに、おかげで今は欲しくてしかたなくなってしまいました~
これからも素敵なイラスト楽しみにしてます!!

Posted by: きなこもち | 2009.02.11 at 11:49 PM

コメントありがとうございます!

きなこもちさんのように作品を細かく眺めてくださる方はお客様である前に「同志」であるように感じてしまいます。私自身、人が機械を介さずに描いたもの、作ったものには隅々まで読みファイリングしてしまうモノが実に多い。人が肉体で読み理解する事を止めない限り手描き手作りはなくならないでしょう。今後もそんな「同志」の方々の手元に置いていただけるような作品を作って参ります!

Posted by: a.coolhand | 2009.02.16 at 06:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20455/42921973

Listed below are links to weblogs that reference 人生のストキャスティクス:

« 某女性からの依頼 | Main | タナトスの仕業 »