« September 2008 | Main | February 2009 »

October 2008

2008.10.27

人生のストキャスティクス

世界経済は実体経済金融経済
2層で構成されている。

後者は信用経済とも呼ばれており
数字や約束上のやり取りの中で
成立しているいわば二次元上の経済。

しかし時にコイツが実体経済に非情な悪さをするワケです。

で、1ドルが90円台に。
92年に渡米した時確かちょうど100円で、
その後円安が続き「あの時は随分と使いでがあったなあ」と
回想したのがe-bayを始めた6年ほど前。


ちょうど友人1名がN.Yにレコードの買い付け&DJを
しに行ってるようだが、実にタイムリーだったな。

ユーロも平行して下がっているようだから
燃油サーチャージなどバジェット面から海外旅行を
見送っていたような人は今かもしれないですな。


旅に出かけるならお供にはぜひトラベラーズノートを!
というわけで、先述のデザインフィル社広告第二弾、掲載開始です。
例によって和光大学広告に続くオール手描きなので、
結構目立つかと思います。

2008_10260036


余白の少ない広告は昨今の雑誌において定石となった見開き「記事→広告」or「広告→記事」というページネーションからすると組み合わせが難しいんだとか。

それだけに、対ページにどんな内容のものを各誌が持って来るのか、という点もまた楽しみのひとつでさあね(笑)今回は【英国編】で、自らの体験を基にして描いています。


下記のスケジュールで掲載されますので
書店にお寄りの際はゼヒチェックしてみてください~

●10/24  『GQ JAPAN』
●11/1  『BRUTUS』『Pen』
●11/10 『Coyote』
●11/15 『リアルデザイン』『BRUTUS TRIP』

2008_10260034

広告部分。これだけをリーフレットにし取扱店に
POPと共に並べるようです→

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.10.01

某女性からの依頼


昨冬、ある女性がイキナリ無地のキャンバス製
トートバッグを差出し「これに何か描いて」と言い放った。

出たよ、「ちょっと描いて」。
困るんだよなあこういうの。
医者に知人がいても「ちょっと治して」とは言わんでしょうに。
(中でもよーく言われるのが「似顔絵描いて」。
俺は針すなおじゃないっつうの)

こういう依頼はすべてお断りしているんだが
こちらの依頼には毎度キッチリ対応&仕事も早い彼女、
「いつになるか解らないよ。締め切りは無期限だからね」
と言ってとりあえずは預かった。

こういうのはホント、生活のストレス。
ノーギャラだからといえ職業にしているわけだから
ゾンザイに描くわけには行かない。
そこで紙袋に放り込みクローゼットに
投げ入れしばらく忘れたフリをした。
こっちも日常の仕事があるわけだからね。


しかし職業的サガなのか、仕事が混んでもしばしば思い出してしまう。
いったい何を描いたものかとふとした時に思案してしまう自分。

どうせ描いたらあちこちで見せびらかすに違いない。
で、時間差で「見たわよ~」などとウワサが
まことしやかに廻ってきたりするんだろう。あーもうそれがイヤ。
モチベーション全く上がらじ。


それから数ヶ月が経過・・・


8月某日、すっきりと目覚めた朝があり
片付けちまおうと思い立ち午前中に一気描き上げた。
下描きナシの一発勝負。


結果、結構楽しんで描いてしまったのはやはり職業病か。
あ、これ見て「アタシにも!」は受けられませんからね。
オフクロのだから仕方なく描いたんであって。


SIDE A
2008_08290012

聞けば絵画スクールの画材を入れるんだとか。
親戚や同スクール生のオバちゃんたちから
「アタシもー」と来そうなのが怖くてビクビクしてます。

2008_08290008

SIDE B→

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | February 2009 »