« 馬のお尻でインターネット | Main | 最大級のリスペクトをこめて »

2007.10.14

なぜか母校の広告を

*

この6月、10年ほど前に何度か仕事をしたことのある
S氏から久々の電話を頂戴した。S氏は退社し会社を設立、
独立後も仕事の絡みはなくとも毎年キチンと年賀状だけは
お送り頂いていた律儀な御仁だった。
表参道にあるオフィスに赴くと挨拶もそこそこ本題に。

「和光大学ってガッコウ知ってる?」とS氏。
「知ってるも何も母校ですよ。」
そう返すと普段は冷静な口調を貫くS氏もサスガに感嘆の
声を上げた。なぜならその和光大学の新聞広告制作依頼の
話で、テキストも含めすべて手描きで仕上げられる
イラストレーターを探していたからだ。

それも可能と伝えると「ならば話は早い!」ということに。
イラスト見本を数枚預けると、翌日すんなり採用合格の通達。
なんともひょんな運びで母校の広告を手がけることとなった
というわけなのです。何年やっていてもこの仕事の発生という
ものは本当に予測不可能。


掲出日は10月20日(土)。
読売新聞全15段(1頁全面)オール・フリーハンド仕上げ。
大学入試号の別冊として本紙に折り込まれますので
同紙を取られている方はゼヒ当日朝刊をご注目ください~。
(関西方面版の折込の可否は不明です)

2007_04280006


掲出日前のためここでは写真でご勘弁を。

|

« 馬のお尻でインターネット | Main | 最大級のリスペクトをこめて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20455/16760220

Listed below are links to weblogs that reference なぜか母校の広告を:

« 馬のお尻でインターネット | Main | 最大級のリスペクトをこめて »